なぜ今なのか? 無印良品が「小屋」をつくったわけ

SUUMOジャーナル

画像提供:無印良品

 

“ミニマルライフ”や“コンパクトライフ”といった、モノを持たないシンプルな生活が注目されています。その流れを受けて「小屋での暮らし」にも脚光が集まり、最近はデザイン性に富んだ小屋も続々と登場してきました。そうしたなか、雑貨から家具、家電までシンプルかつ斬新なデザインが持ち味のブランド「無印良品」も「MUJI HUT」という名の小屋の模型デザインを発表。どうして無印良品が小屋をつくったのか、その理由を聞いてきました。

 

■「アルミ」「木」「コルク」デザインや大きさの異なる3種類の小屋
11月に東京ミッドタウンでの展示ではじめてお披露目された「MUJI HUT」は、全部で3種類。まずは、そのラインナップを紹介したいと思います。

 

【画像1】コンスタンチン・グルチッチ氏のデザインによる「アルミの小屋」。日本の配送トラックにインスパイアされ、荷台の部品と断熱性に優れた構造を取り入れた(画像提供:無印良品)

 

 

【画像2】木の温もりを感じる内装は、ロフト付きで縦の空間を活かした造り。和の落ち着きを感じる障子仕様の扉と窓も魅力(画像提供:無印良品)

 

【画像3】深澤直人氏のデザインによる「木の小屋」。2人で利用することを想定した25平方メートルの開放的な造りが特長。外壁には黒塗りの杉材とトタン屋根を採用している(画像提供:無印良品)

 

【画像4】内装には美しい木目が魅力のタモ材を採用。全面に木材を使用しているため、木に包まれたような温もりを感じる(画像提供:無印良品)

 

【画像5】ジャスパー・モリソン氏のデザインによる「コルクの小屋」。3つのなかでは最も広い35平方メートルの小屋。家の外と中をゆるくつなぐ縁側も設置されている。また、外壁には安心できる強度をもつポルトガル産のコルクを使用(画像提供:無印良品)

 

 

【画像6】小屋内部には、ゴロゴロできるようにと畳が一面に敷かれている(画像提供:無印良品)

 

5日間にわたる展示期間中には、たくさんの来場者が足を運んだそう。客層も年配の夫婦や若いカップル、ファミリー層などさまざまで、なかには具体的な販売日や価格を尋ねる人も。小屋に対する興味関心は、幅広い層に広がりをみせているようです。